スタッフブログ

金融の形が変わってきている!!赤い月、音11の流れ

シンクロニシティの法則をビジネスに

 

今日はウェルスコミュニケーター森礼子の

ファイナンシャルコーチとしての側面から

金融関係の話題を提供したいと思います。

 

このところ、仮想通貨=デジタル通貨を勉強する機会が多くなり、

目に見えないバーチャルの世界と

今、自分が生きている3次元の世界が繋がり始めています。

 

 

今までの自分が常識と思っていた概念を、

わきに置いて聞かないと、

情報が頭の中を素通りしてしまいます(笑)

 

近代日本の金融の歴史で見ると

1872年(明治5年)、明治政府が新紙幣の発行を開始しました。

ほぼ70年後の第二次世界大戦が終戦を迎えた日本は

金融不安への対策もあり護送船団方式な金融制度を構築。

 

その70年後の今

金融の世界にフィンテックという新しい流れが起こっています!

今までの常識を覆していく流れです。

 

フィンテックとは・・・

金融(financeファイナンス)+技術(technologyテクノロジー)からの造語で

金融とIT(情報技術)を融合した金融の技術革新、新しいサービスです。

 

この新しい流れは

15年末に米証券市場ナスダックも採用し

16年3月、日本政府もフィンテックの普及を前提に

銀行法・賃金決済法の改正案を閣議決定されてます。

 

フィンテックの流れは世界で認められています。

このBlogを読んでいただいている皆様には

この新しい流れを柔軟に受け入れて

ご自分の人生に活かしてほしいです。

私たちの明るい未来をイメージできた情報です。

 

マヤ暦的にも2016年7月26日からの一年は

太陽の紋章が赤い月、

改革、新しい流れ、浄化の氣運

銀河の音11、

旧体制の破壊。古く、不要なものをそぎ落とし

複雑なものをシンプルにしていく。

赤い月も銀河の音11も

使命、ミッションを明確にして進めば

素晴らしいシンクロが起きます。

 

仮想通貨の「大義」「使命」を聞いて
地球上の人々が豊かになっていくイメージが持てました。
ニコニコ笑顔が世界にあふれる♡
そんなそんな技術革命です!!