スタッフブログ

マヤ暦は高次元の最先端の科学なんです!!

チチェン・イッツァ

 

マヤ暦が科学??

科学という言葉とマヤ暦が一致しないと思う方も多いと思います。

 

 

『科学』という言葉を考察してみると

 

元々17世紀にキリスト教の中から近代西欧科学は生まれています。

自然の摂理=神の所産として語ることしかできなかった、17世紀の人々。

その自然を、神の与えてくれるものを哲学していくと科学になっていき

今の数学や物理学、天文学に繋がっているのです。(ガリレオ、ニュートン等の出現)

 

 

もとは自然と神秘を科学で現わしていたのですが

19世紀の産業革命により合理主義や科学万能主義が台頭して、

宗教や神秘主義を完全否定する「唯物主義」の風潮になっていきました。

 

 

今も私たちの中で目に見えるものだけしか信じない

目に見えないものを否定する気持ちが強いのも

科学万能主義、「唯物主義」の影響です。

 

 

16世紀から19世紀の近代西洋科学の話をしましたが

古代マヤ暦はなんと!!

 

4000年前の話です +゚(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆゚

 

 

4000年前に古代マヤ人は『時間の知恵と叡智』を

マヤ暦シンクロカレンダーに表現していてくれたのです。

 

 

28日周期の13か月のカレンダーは自然の周期と身体が合うので、健康になり

260日周期のツォルキン(神聖暦)カレンダーは宇宙の流れにのるので

どんどんシンクロが起こります

 

 

世界の大富豪、成功者と呼ばれている人は『シンクロニシティ』を大切にしています。

シンクロは偶然??いえいえ偶然ではなく「意味のある偶然の一致」です。

(ユングはこのシンクロニシティを「体験者あるいは目撃者にとって重要な意味を持つ偶然の出来事で、それによって一種の覚醒あるいは悟りに近い感覚が得られるもの」と定義している。)

 

 

古代マヤ暦を活用すると

宇宙のリズムに乗ってシンクロを起こし『幸運な素晴らしい人生』を生きることができる

〖魔法の意識!!〗を手に入れられるんです(^_-)-☆