太陽の紋章・守護神/宇宙の氣神

マヤ暦『赤い龍』の方の傾向と対策は?

母性のエネルギー「人の面倒を見る」ことでコミュニケーションを心がける事が開運ポイント

 

『赤い創始の龍』

 
創業のエネルギー
全国展開のエネルギー
生み出す力が強く、母性の力です
情熱、パッションがすごいんですヾ(≧▽≦)ノ

 

人のためにどんどん動けちゃう!そんな方も多く、慈愛、慈悲の心が得たい自分です。

 

品のあるものを好むので、品のない言い回しや言動は ちょっと『や❢』

 

尊敬できる師匠、メンターを持つとどんどん伸びます!!身体もいとわず動くので物事を創造していけるんです。

 

ただ、継続は苦手なところもあるので補いあうパートナーがいるといいかも(*”▽”)

 

品を好む分、プライドが高いところもあり「人に何か言われたら…」と思って、せっかくの情熱を表現できない方も多いです。

 

人のために動くのは苦も無くできるのに自分のためのことになると受け取りベタ(笑)どんどん恩恵を受け取っていいですから、自分に許可を与えてあげてください。

 

尊敬できる、その方の話なら聞ける!!という方を見つけてくださいね。『赤い創始の龍』の情熱のエネルギーが解き放されるように(^_-)-☆

 

『赤い創始の龍』の宇宙の氣神の力がいきいき輝く未来を創造します!!

 

 

力を合わせると新たなモノを生み出し、継続して形にしていける関係が『黄色い太陽』の方です。
 
『赤い創始の龍』と『黄色い普遍の太陽』の関係性は神秘キンと呼ばれる関係性です。
 
神秘キンは、お互いの予期せぬ隠された力を引き出しあう関係で、強い縁を持ち、ワクワクドキドキ氣になる存在です。お互いに魅かれ合い、尊敬できる間柄になります。

 

 

マヤ暦は宇宙の法則の統計学です。

古代マヤ人が宇宙の流れを統計的に書き表したモノ、マヤ暦を習得すると宇宙の流れにのっている自分に氣づきます。誰にでも起こっている宇宙の流れ、氣づくのと意識しないのとは、小さな積み重ねで大きく変わっていきます。

なりたい自分になるためにマヤ暦を活用してくださいね(^_-)-☆

マヤ暦セッションでご自分の特性を知り、活用してワクワクの未来を構築しませんか? ご家族の関係性、職場の人間関係も紐解けます

 

マヤ暦セッションの詳細は⇩ここをクリック 開運マヤ暦診断のページにアクセスします

http://www.wealthcommunicator.com/contents/category/alpha/

 

お問合わせ・ご相談 電話番号:080-4297-7410 ご予約・お問合せ

 

ウェルスコミュニケーター森礼子森礼子

『無条件の愛』と『真の覚醒』をテーマに活動しています。 今を生き、愛と感謝と祝福を貴方に

最後までお読みいただきありがとうございます♡

 

 

【黄色い太陽】と感謝と次元上昇の役割

 

マヤ暦で20個ある太陽の紋章の中で

20番目にあたるのが【黄色い太陽】です。

 

20番目という事で

1番目の太陽の紋章の

【赤い龍】につなげながら

次元上昇を担う役割も持ちます!

 

【赤い龍】のエネルギーはこちら↓

『赤い龍』の太陽の紋章の方の傾向と対策(笑)

 

 

 

【黄色い太陽】の持つエネルギーは

 

一貫性を大切にして、やり通す強さ『主人力』

太陽の光のように、無条件で相手に与える『感謝力』

公明正大に人を差別、区別しない『公平力』

根気強く乗り越えていく次元上昇のエネルギー

 

黄色い太陽は豊かさを表します♡

感謝の心で相手を思いやり

無条件の愛で与える役割を

貫いたとき、次の次元にシフトします!!

 

大きな結果を生み出す力です!!

 

20番目の役割の

【黄色い太陽】

 

その主人力ゆえの

課題があります。

 

セッションをしている時も

相手の方にもう一つ深いところで

伝わらないなと思う部分なんです。

 

私の太陽の紋章は

白い犬なので

お仕え力があります

【黄色い太陽】とは

反対なんです(笑)

だから余計に伝わらないのかも

 

感謝の深い意味が

━●━●━●━●━●━

自分が大切だと思っていることや
自分が正しいと思っていることに対して
異論や反論を受けたとき
君たちの心の中に怒りが芽生えるはず

自分は尊敬するに値する人物だと
思っているのに
ないがしろにされると
怒りを感じたりする


結局のところ、自分の軸に対して
何か異物が触れたときに
感情が大きく揺れ動くんだ

その時に感情に同調して
観察できないと
ただのエネルギー浪費になってしまう

感情はシグナル

何を自分は感じて
どう在りたいのか
知る大きなチャンスなんだ

━●━●━●━●━●━