コンテンツ

潜在意識と顕在意識の違いを知ろう

マヤ暦講座なら|生年月日からキンナンバーを割り出してアドバイス|ウェルスコミュニケーター

潜在意識と顕在意識の違いを知ろう

「顕在意識」とは?

「顕在意識」とは?

「明日は何時に起きよう」「今日は雨だから傘を持っていこう」など、私たちが生きている中でコントロールできる意識が顕在意識です。顕在意識は理性に基づいて知的思考で考える力や自分の意思で物事を選択する力のことを指し、社会的な人間生活ではほとんどこの意識が使われています。

また、危機察知・回避能力といった生命を維持するための意識も顕在意識の役割で、人が悩んだり不安になったりするのは危険やリスクを避けようと意識が働きかけているためです。

「潜在意識」とは?

「潜在意識」とは?

潜在意識は「私たちが意識することのできない意識」です。人間の意識は顕在意識が3%程度で、残りの97%は潜在意識で構成されているといわれています。人間の意識の大部分を司る潜在意識は自身でコントロールすることができないのが特徴で、とっさの感情や直感、ひらめき、欲望など無意識な部分を指します。

「無意識に体が動いた」といった経験をしたことはありませんか?そういった意識の無いところで動いたり考えたりする役割を潜在意識が担っています。

潜在意識次第で物事が思い通りになる!

潜在意識次第で物事が思い通りになる!

人間は、顕在意識による精神的なしがらみによって自己を守る傾向があります。過去の経験からリスクを避けるのは生命を守るために重要な意識ですが、それが人間の精神的成長を妨げることにもつながります。

そのため、精神の大部分を司っている潜在意識を開放することで、人間の可能性を開くことができるのです。