コンテンツ

神聖暦ツォルキンって何?

ツォルキン・マヤ暦セッションなら|ウェルスコミュニケーター

神聖暦ツォルキンって何?

古代マヤでは、時間は時を刻むためだけのものではないと考えられていました。
神聖暦ツォルキンという独自の考え方から生まれた暦が存在していたのです。

暦の達人が使いこなした神聖暦ツォルキン

暦の達人が使いこなした神聖暦ツォルキン

神聖暦ツォルキンとは、古代のマヤ神官たちが神事を行う時に使っていた神聖暦の呼び方です。古代マヤ時代、時間は時の流れを表すための目安としてだけでなく、宇宙的なパワーを持った壮大な存在として扱われていました。

太陽の動きを目安としてはかる日常的な時間と、感覚を通して感じとる神聖な時空とに大きく分けられ、神聖暦ツォルキンはマヤ暦を認識するための重要な要素のひとつだったのです。

神聖暦ツォルキンの数字が表す意味

神聖暦ツォルキンの数字が表す意味

神聖暦ツォルキンの場合、13と20を基数として数値を表していきます。それぞれ月の公転周期や人間の手と足の指を表す数であるとされ、この2つを組み合わせることによって人間と自然、宇宙とが融合する際の魂の流れを表していました。

20と13の基数によって示す260日の周期の暦をマヤ暦と呼び、宇宙や自然の調和を維持していくための通知を読み解く方法として、独自の尺度を持って使われてきました。

マヤ暦を学ぶメリット

マヤ暦を学ぶメリット

260日の周期で表されるマヤ暦を学ぶことで、通常の暦の数え方では得られない様々なメリットを得ることができます。自分の生年月日のエネルギーを知ることで、理想とする人生を手に入れるために必要なエネルギーの種類を割り出すことができます。

すると本来のあるべき姿を受け入れることができますし、エネルギーの流れに合わせて時間を有効活用することもできます。